祢津 氏

祢津 氏

祢津 氏



祢津氏は、古くから神氏を名乗った。神氏を名乗る氏人だけが交代で勤仕している神使御頭があり、これは、一般の土豪が勤仕している花会・五月会・御射山会の各頭とは、全く別の頭であった。祢津氏が神使御頭を勤仕した記録の初見は、応永四年(1397)である。神使御頭を勤仕した神氏一族は、他の花会・五月会・御射山会の頭を勤仕しないことが関連だったよう ...

根津氏(ねづし、ねつし)は、日本の氏族のひとつ。禰津氏、祢津氏とも表記される。

禰津御寮人(ねづごりょうにん、大永7年(1527年)? − 没年不詳)は、戦国時代の女性。甲斐国武田氏の当主武田晴信(信玄)の側室。信濃国小県郡(現長野県東御市祢津)の国衆である禰津元直の娘。出子に武田信清がいる。

築城年代は定かではないが禰津 (祢津)氏によって築かれたと云われる。. 禰津氏は滋野氏の庶流で海野氏、望月氏と並んで滋野三家と呼ばれている有力な一族であった。. 禰津氏が記録に現れるのは保元元年 (1156年)の保元の乱で、源義朝に従う信濃武士の一人として禰津神平 (新平)が知られる。. 治承4年 (1180年)木曾義仲が挙兵したときには禰津次郎貞行・禰津三郎信貞 ...

禰津氏とは、信州国小県郡禰津(現長野県東御市祢津)を本貫地とした武家の氏族。. 信州国の名族 滋野氏の流れを汲み、滋野重道の二男とも甥ともされる道直が禰津(ねつ)を名乗ったのが始まりとされ、滋野氏を出自とする諸族の中でも海野氏・望月氏と並び、滋野三家と呼ばれる。. (ウィキペディアよ …

 · 祢津城は滋野氏一族・祢津氏の居城です。祢津氏は当初、海野氏に属していましたが、諏訪頼重・武田信虎・村上義清らの連合軍により海野氏が追われると村上氏、のちに武田氏に属しています。さらに武田氏滅亡後は北条氏、真田氏に従属しました。祢津城には上の城と下の城があり、下の城が本城で、上の城は詰めの城だと考えられています。現在城址に ...

祢津(根津)氏は信濃国の名族と位置付けられる滋野氏の本家筋にあたる滋野重道の2男滋野直道が祢津の地を本拠とし、地名に因み祢津氏を称した氏族です。祢津氏は海野氏、望月氏と共に滋野三家に数えられ大きな勢力があり定津院は祢津氏の菩提寺として整備されたと思われます。寺運も隆盛し、天正6年(1578)には興因寺(甲府市下積翠寺町)との間に最乗寺 ...

祢津氏は矢沢氏と同様に神氏に連なる家である。太古の時代に祢津氏は諏方神氏と繋がってその勢力を伸ばしたものと推測できる。滋野三家では海野氏をも凌ぐ所領を持つ家であった。海野家が加わった合戦ではしばし大将を引き受けていることから、往年の栄華が推測できる

ネヅ 【禰津】 3 日本姓氏語源辞典. 東京都 、 山梨県 、 神奈川県 。. 祢津 の異形。. 神奈川県 鎌倉市 雪ノ下・小町が政庁の鎌倉幕府の幕臣に鎌倉時代、 長野県 長野市 松代町松代が藩庁の松代藩士に江戸時代にあった。. 2020年 2月 10日 更新.

抖擻(山に入り、山中を駆けめぐり修行すること。. 本来の意味は、煩悩の原因となる一切のものを捨て去ること)を続けていた。. このような国から国への移動が、系図に現れる人物の順序どおり行われたかどうかはわからない。. 樽系図には名前だけがあって、注書きは何もないという人たちが多い。. 彼らは系図の作者が創作した人物だろう。. しかし、それ以外にも ...

祢津 氏 ⭐ LINK ✅ 祢津 氏

Read more about 祢津 氏.

sergeromanov.ru
clickhomecyprus.ru
santehoptprom.ru
elenayakovleva.ru
lt-r.ru
avtolombard97.ru
ask-groups.ru
shoeshunter.ru
prague-hotel.ru
kolodcyspb.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Guest

Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.

Guest
Forget the troubles that passed away, but remember the blessings that come each day.
Calendar
MoTuWeThFrStSu